円形脱毛などの症状は皮膚科でも治療を受けることが出来るのです

爪が白く濁り分厚くなる

足

水虫の感染源

水虫は白癬菌の感染によって起こります。爪水虫は爪が白癬菌に感染したものです。爪水虫になっている人は足の水虫を放置しているうちに爪が感染したものが大多数です。爪水虫になると爪が白く濁って分厚くなります。痛みやかゆみはあまりないのですが、放っておくと爪の変形が進み、他の爪にも感染します。爪水虫はほとんど足の爪への感染ですが、手の爪も感染することがあります。爪の中に白癬菌が潜んだ状態となり、爪水虫を持った人が家族の中にいると、家中に常に白癬菌がばらまかれている状態になり、家族への感染源になります。もちろん、裸足で歩く機会のある場所なら、どこでも他の人に水虫を感染させる可能性があります。子どもの水虫の感染のほとんどは家族からだと言われています。症状がなくても爪水虫を治療することは大切です。

市販の塗り薬では治らない

爪水虫は残念ながら市販の水虫薬では治りません。市販の水虫薬は塗り薬です。白癬菌は爪の中に潜んでおり、塗り薬はそこまで到達せず、白癬菌を殺すことができないのです。爪水虫のある人は皮膚科を受診し処方された飲み薬を服用する必要があります。飲み薬の有効成分は体内から爪に到達し、爪の中にいる白癬菌を死滅させることができます。そのため、治療には白癬菌に感染した爪が新しい爪に生え変わるまでの時間がかかります。爪全体が分厚く盛り上がってしまっているような状態であれば、半年程度の時間がかかることもあります。爪水虫の治療がなかなか進まなかったのはこのように時間がかかることと、自覚症状がないため自己判断で治療をやめてしまうことからでした。爪水虫があると水虫が完治しませんし、自身が水虫の感染源になり、家族に水虫を感染させてしまいます。なので、医師から完治を告げられるまで通院を続けましょう。

Copyright © 2016 円形脱毛などの症状は皮膚科でも治療を受けることが出来るのです All Rights Reserved.